FC2ブログ

夕涼みな感じで♪

いよいよ、結婚式が間近にせまり、びびってます。
みんなに会えるのがとっても楽しみです☆

スポンサーサイト



ビバ☆24歳!

すばらしい、感動的な 詩や音楽や踊り表現 がこの世の中に溢れています

これはすごい!何故こんなすばらしいものができるのか?!と。
自分自身の凡人さを見せつけられます。

しかし、そういうものを創りたい、作り出したいという強い思いから、自分の心の岸辺から小舟にのって自分の中の旅に出て、すこしでも輝くカケラのような物を探し出そうとします。あるのか、ないのか。

もしくはある日ぽろっと生まれてくるかもしれないし。
それは、探しつづけないと分からないよね。

24歳の誕生日を迎え、やる気が湧いてます。
キープゴーイング Keep Going!

輝くカケラ探しの旅は続きます。


まな小さいとき

こんなに小さかったのにね~大きくなりました!ありがたい!

海の日

もーすぐ結婚式があるから、羊さんと髪を切りにいく、という口実で、海に泳ぎにいきました!

この暑さ、

海が私を呼んでいる、私が海を呼んでいる…

引きつけ合うように海に飛び込むと、塩水に包まれて細胞たちがうれしそう♪
羊さんのアトピーの調子も3日間ぐらいは良くなるかな。

帰りに川にも寄って足をつけてじゃぶじゃぶして涼みました。

水は気持ちがいいね。


羊さんの書いた ねばだに通信No2




ねばだに通信  no.2


    「そこにあるだけ」

 地域通貨というものがある。日本各地で色々な地域通貨が創られ、流通したが、僕は

これを、地域の中で自給する事だと考える。

 西土佐の最大の問題は仕事が無いという事である。仕事が無いから若者が定住できず、

故郷を離れていく、そして若者がいないという事は、子どもが生まれず、段々と人口が

減少し、高齢化していくのである。

 しかし、西土佐を見回して思うのは、他の地域から輸入してきた物が多いという事だ。

例えば、車、鉄、コンクリートや、石けん、歯ブラシなどの生活雑貨、また、

ビニールマルチや農薬、パイプなどの農業資材。コピー用紙から鉛筆、消しゴム、カッター

。砂糖、塩、服、ガス、石油、電気など、ありとあらゆる物が、よそから持ってきたもの

なのである。
 
 これだけの大量の輸入をするには、それに見合うだけの輸出が必要となる。

西土佐で考えれば、農産物、木材、川のもの、四万十川観光、くらいだろうか。

ようするに輸出する物があまりないのである。

 そこにきて、地域振興策で特産品開発や産業振興という考えが出てくる。これはつまり

輸出産品を増やそうという意味合いであろう。

しかし、全国の地方が一挙に特産品開発をしているのだから、なかなか競争が激しい。

 どうにかならないのか、と言えば、そう、輸入を減らせば、それは輸出を増やしたこと

になる。つまり、輸入してまかなうのではなく、地域にあるものでまかなうということで

あり、地産地消という事が大事になってくる。
 
 輸入によってまかなっているサービスや物を、地域内の物で置き換える事によっても

地域振興はできるのである。それを円滑にするものが地域通貨である。

地域通貨は、地域でしか使えないお金なので、誰しも、地域で買い物をしたり、地域の物

を買わなければならなくなる。「そこにあるだけ」というわけには、行かないかもしれな

いが、外に解決策を求めるのではなく、まずは、手の届くそこから初めて見たいと思う。
 平たく言えば、貧乏人根性である。お金を出せば簡単に何でも便利にできる。しかし、

金がなければ、自分でやるしかないか、知り合いのおんちゃんに頼んでみようかというよ

うな、ちょっと見栄えは悪いし、性能も悪いけど、まあ

なんとかなる。という世界になってくる。

池田屋夕涼みライブ

 一昨日、池田屋夕涼みライブに出演&出店をフーフでしてきました♪
羊さんは、大体バンド(四万十界隈のバンドで私の姉がボーカル)でベースを弾いてて、うちはヌーディー‘sソロ活動「まな」として出演★☆
 そして、ひょこひょこ食堂でバジル丼withディル酢夏野菜サラダと煮卵、煮ジャガ、煮玉ねぎ、いちごケーキ、小夏マーマレードケーキ、いちごババロア、チャイを出しました。


 私はいつも写真とってない~涙
すんごく楽しかったー! みんなで夕涼んだ感じでした。 まったり、ゆったり、時に激しく。
 主催のジローさんの創ったステージがまた素敵でね~。かさ、かさ、傘、傘 赤い光と共に飛び出してきてる糸たち、なんかそれだけで、曲が物語ができてまして、、、

 夏~って感じの暑ーい一日でした。
汗だくで車のなかで練習してたら、なんかテンションあがって曲できたし。うふふ。

 うちの子犬「じゃん」も子どもたちに大人気で、最終的に乳母車で寝てました(笑)
 
 最後に飲んだ生ビールのおいしかった事といったら、涙もんです(笑  しっしあわせ~

 来年も楽しみやな~



ダメだー

やっと梅雨があけそうな、本日快晴。
最近、我が家に子犬がやってきました!その名も「ジャン!」メス。
これから仲良くやっていきます。
早朝、四万十川に水浴びに連れて行きました。

先週中頃あたりから、調子が悪く、落ち込み気味です。
明日ライブだというのに、練習がまったくはかどりません。
全然なにも湧いてこないんですよね。そういう時が一番、めいります。



羊さんの書いた なばだに(私たちの暮らしてる地名)通信

羊さんの書いた なばだに(私たちの暮らしてる地名)通信 いい事書いてるから、載せてみます。
ねばだに通信  no.1


 『大切なのはつづけることである。』

人間の間では、しばしば才能のある、なしが語られる。

イチローのように人類の中で、唯一無二の記録を打ち立てるような人間の事を

才能があると言うのは確かにそうなのかもしれない。

しかし、「大切なのはつづけることである。」と思うのだ。

 プロ野球選手になれるか、なれないか。画家になれるか、なれないか。

パイロットになれるかどうか。音楽で食っていけるかどうか。

結論から言えば、それは、「いつまで続ける事ができるか」という事にかかっている。

例えば、音楽でくっていけるかどうか。それは、音楽で食っていこうという事を、

続けるかどうかだ。路上でも、小さなライブハウスでも、バーでも、あらゆる可能性に

かけて、音楽をやる。食うという事を目指し続けること。

 ある人は、途中で挫折し、ある人は、他に仕事を見つけ、趣味として音楽を続けた。

ある人は、貧乏ながら、自分の歌を歌い続けた。才能は関係ない。

どの人生も良い。満足できていれば、当初の目的がどうであれ、彼らは、同じ地平に

立っていると言える。

 続けるかどうか、という事が目的を達成する手段であり、

そこに生きる道を創る事なのである。成功も失敗も無い。そこには彼らなりの生が

あるだけなのである。だから本当は、誰でも画家なれるし、音楽で食っていけるのだ。

ただし、食うという事の中身は異なる。人並みの暮らしができるかどうか、

それは、その人の腕次第である。


 日本の村々は、この「つづける」という事を、まさしく続けてきたのである。

家があり、田畑があり、山があり、川がある。

そこには、道普請や山の手入れ、入会権などの規範、寄り合いなど。

ありとあらゆる、村を維持するための「維持行為」がなされてきた。

村を維持する為に、大切な事は続ける事であり、家が続く事であった。

それらが、現代において、急速に捨てられ、忘れられ、停止されてきている。

 
 私たち、若者がなすべき事は、この切れかかった流れを、続けていく事なのである。

それは、きっと、流れを増やす事が主ではなく、つまり外からのお金や物、人の流入では

なく、自らの目線を、その流れにそわせて、流れのほころびを繕っていく事であるように

思う。

 
 まずは、その流れのほころびを見つけていく事、そこからはじまると思うのだ。

2010/6/21

Oh紅花!

本日、紅花が咲いてくれたのを発見しました!
めでたいね!来年は紅花畑をつくるのだー!

とげなし紅花

原産はエジプトだそうで、染料や油や口紅、婦人科系の病気にもよいらしく、紅花で染めた布を身につけると体が温まるがやと! 

山形にある紅花資料館に行ってみたくなりました♪

宿守りのカエル

先日あった、宮沢和史さんのライブとっても感動的で、最後涙、なみだでした!
ふぅ~いいねえ~♪

さてさて、只今引っ越し中なのですが、古民家へ。
掃除やゴミ処理、いろいろと時間と手間とお金がかかっております。

昨日、掃除にいってみると、大きな大きなカエルがずっしり座っていました。
彼はきっと、宿守りのカエルでしょう。
私の実家にも昔いて、怖かったのなんの。裏とか庭とかに雨の日とか夏の夜とか、のっそり出てくるんですよね。
家主が亡くなって、だれもいなくなった3年間をきっと、あの宿守りカエルがこの家を守ってきたのでしょう。

相変わらず怖いけれど(でっかい!)仲良く同居させてもらう事になりそうです。
かえる


こんな感じの大きなカエルです。

 昨日、私の尊敬する音楽家、「宮沢和史さん」が西土佐の子どもたちに、朗読と弾き語りをしに来てくれました。
 遠くはるばる、本当にありがたいことや。
 寄り道ライブツアーで窪川町、にくるってことで、ではぜひ西土佐にも!と来てもらったようです。
宮沢和史


丁度10年程前、宮沢さんが中学校にきてれくて、朗読と音楽の会をしてくれて私の中で、心の扉を開けて表現するすばらしさ、楽しさ、感動を教えてもらいました。
 私の中で、彼は私のミューズ(女神ではないけれど)です!
 本当に、尊敬できる音楽家であり、先輩です。

ライブを見るたびに、どっしりとした安定感に魅了され。。。
私には無い この「安定」 という2文字。

本当に、素敵な人や。
私の目指す所にたっている人やからこそ、言葉が響いて鳴りやまないのでしょう。
今日の窪川でのライブも楽しみです。


06 | 2010/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アメリカツアー!!
ManaYoheiとThe old wooden band の合体したバンド「GreatSpirit」アメリカ先住民が偉大なる精霊のことをGreatSpiritとよび、私達もまた、八百万の神々に生かされて常に共に在ることを感じながら、生き抜きたい。そんな思いを込めて結成☆詳細はhttp://www.manayohei.comこちら♪ このGreatSpiritでブルースをたどるツアーを企画した。さぁ、どんなことが待ち受けているのか。ともに巡ってみましょう。出発は2015年10月中旬です★☆この企画に賛同してカンパを頂いた方には、GreatSpiritオリジナル アメリカツアームビーDVDをプレゼントします。
プロフィール
アーティスト•ミュージシャン•夫婦音楽ユニットManaYohei 村井まな 1986年四万十生まれ 有機農家の末っ子でのびのび育ち、そのうちバビロン人間社会不適合者に!そしてアーティストとして生きて行くことに決め、各地を歌い巡っております。又自主企画&共同企画イベント存在ロックや、DeepWestBluesFes.など自然に根ざしたアートフェスを開催。今後はArtCommunityを主催していこうともぞもぞ動きだしている。只今29歳◎

村井まな

  • Author:村井まな
  • 生きるために産まれました◎
    産まれましたから、生きておりまふ◎
     
    ミュージシャン 
    アーティスト

    この道は 
    あの道へ
     続く!
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク